ホーム
観光名所の紹介
食事・宿泊・温泉
イベント情報
特産物紹介
アウトドアー
逆さ水松 [ さかさおんこ ]
天文17年(1548)勝山の城代だった南条越中守広継の妻が、松前家四祖季広の長女であったのに女では家を継げず藩主になることができないのを無念に思っていました。
そこで、娘婿の基広に家をつがせようとし、基広をそそのかして蠣崎季広(広継の妻の実父で藩主)を人を使って殺害しようとしたが、ばれてしまい、基広は季広に討たれてしまいました。
広継の妻は、今度は自分の夫に家督を継がせたいと考え、広継の妻の実弟の舜広、元広を毒殺しました。だが、そのことが露顕して広継の妻は自害させられました。
夫の広継も当然追及を受けたが、広継は固く身の潔白を誓い、礼服に身を固め棺に入り、自ら命を絶ちました。
その時、一本の水松を棺の上に逆さにいけさせ「水松が根付いたら身に悪心ない証であり、三年たっても遺骸が腐っていなかったら、それこそ潔白のあかしである」と遺言し、節を抜いた青竹で呼吸しながら鉦を鳴らし経文を読誦しました。鉦の音と読経の声は三週間も続いたといいます。
三年たってその水松が成長し、さかさオンコになったといいます。
1988年に上ノ国町開基800年戸長役場設置110年を記念して「町の記念名木」を選定しています。
・所在地 〒049-0626 北海道檜山郡上ノ国町字桂岡
このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました
copyright © all rights reserved. kaminokuni cho