ホーム
観光名所の紹介
食事・宿泊・温泉
イベント情報
特産物紹介
アウトドアー
首切りの松 [ くびきりのまつ ]
 愛宕神社の傍に木古内越えの旧道があったといわれています。明治2年、ここで官軍と幕軍の武士が遭遇し、たちまち斬り合いとなったが、腕の立つと思われる方が刀をひき「個人的な恨みはないが、無益な殺生は止めよう」と道のかたわらの若松の頭をチョン切り鎧音もさわやかに刀を納めて、悠々と立ち去ったといいます。いま、里では首切りの松≠ニよばれる老松が旧街道のそばに枝を張っています。
・所在地 〒049-0626 北海道檜山郡上ノ国町字桂岡
このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました
copyright © all rights reserved. kaminokuni cho