ホーム
観光名所の紹介
食事・宿泊・温泉
イベント情報
特産物紹介
アウトドアー
比石館跡 [ ひいしたてあと ]
石崎は古名を比石(ひいし)といいます。石崎の集落を二分するように流れる石崎川(早川)の河口の南端に突き出た岬があり、神社と灯台が建っています。この岬の上が比石館跡です。
 この館跡は、嘉吉元年(1441)下北の田名部から渡道した畠山重忠の一族で厚谷右近将監重政の築いたものです。長禄元年(1457)のコシャマインの戦いでこの館は落ち、討死にした重政は館下の急流に身を沈め、大鮫に化身し、早川の主になったといわれています。
 その子孫は代々松前藩に中堅として仕えていました。館神社と呼ばれる社は比石館の鎮護神で香取神社の祭神と同じ経津主神を祀っています。
・所在地 〒049-0741 北海道檜山郡上ノ国町石崎
・面積  20,000平方メートル
このウェブサイトは全国中小企業団体中央会の「平成21年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて開設いたしました
copyright © all rights reserved. kaminokuni cho